• ホーム
  • ニュース
  • 日本スパ・ウエルネス協会 第14回スパ・ウエルネス学術会議を開催

美容ニュース

バックナンバーへ>>

日本スパ・ウエルネス協会 第14回スパ・ウエルネス学術会議を開催

2017/05/16更新

  • IPSN栄誉賞授与式でのたかの友梨さん(左)と下村朱美理事長
    ▲IPSN栄誉賞授与式でのたかの友梨さん(左)と下村朱美理事長
  • あいさつをする下村朱美理事長
    ▲あいさつをする下村朱美理事長
  • 資格試験合格者表彰式の様子
    ▲資格試験合格者表彰式の様子

 特定非営利活動法人日本スパ・ウエルネス協会(下村朱美理事長)は5月16日、東京都港区のメルパルク東京イベントホールにて、第14回スパ・ウエルネス学術会議を開催した。今回のテーマは「美とは何か?」。

 はじめに、昨年、今年の国際活動、国内活動についての活動報告がなされ、下村朱美理事長が「今年からはメイドインジャパンの和スパを世界標準とすべく、和スパを世界に向けて普及していきたい。本日の会議がみなさんにとって、大きな実りある1日になりますように」とあいさつ。

 IPSN栄誉賞授与式では、たかの友梨さんに栄誉賞が贈られ、「エステティシャンと越えたセラピストを育てていきたい」とあいさつした。その後、資格試験合格者の表彰式へと続き、晴れの場にミス・インターナショナル日本代表が華をそえた。Euphoriaのヘアショーを経て、白澤抗加齢医学研究所の白澤卓二所長が「いつまでも若々しく生きるために」の講演へと移り、閉会へとなった。

▲ページトップへ

美容ニュース一覧へ>>>>

  • 333人の女性に聞きました
  • Be Choice ビーチョイス

みんなの声