美容ニュース

バックナンバーへ>>

Zenkon Contest 2018全国大会Final round開催

2018/07/31更新

  • 全日本振袖花嫁着付最優秀賞を受賞した、兎内春香さん(右)
    ▲全日本振袖花嫁着付最優秀賞を受賞した、兎内春香さん(右)

 職業訓練法人 全日本婚礼美容家協会(田中雅子会長)は7月31日、東京都新宿区のハイアットリージェンシー東京において、Zenkon Contest 2018全国大会Final roundを開催した。
 まず、開会宣言があり、田中雅子会長が選手に激励のあいさつに続き、今年度より新種目の第1回留袖着付コンテストが全国大会に加わり(ブロック大会新種目として洋髪の打掛花嫁が加わる)、第17回ニューブライドコンテスト、第38回和装トータルコンテスト、第38回全日本打掛花嫁コンテストの競技、並びに審査が行われた。
 休憩をはさみ、アトラクションステージとして、ベリーダンスショーが披露された。その後、表彰式となり、審査講評を[留袖着付]は米徳さつきさんが「左右対称で布目のそろった着付を望む」と、[ニューブライド]はマサ大竹さんが「どう若々しく美しく見えるかバランス感覚を磨いて」と、[和装トータル]は小林美枝子さんが「細かい部分の処理まで気を抜かないこと」と、[全日本振袖花嫁着付]はマリールイズ恵子さんが「掛下の裾は人魚のようにと習った。今、あんどんになっている。紐を締める位置を考えて」と述べた。そして、入賞者一人ひとりに、田中会長から温かい激励の言葉とともに賞状、トロフィー等が授与された。
Final roundの最優秀賞受賞者は以下のとおり
[全日本振袖花嫁着付]最優秀賞/兎内春香
[和装トータル]最優秀賞/水上恵利加
[ニューブライド]最優秀賞/丸山俊也
[留袖着付]最優秀賞/白鳥優花

▲ページトップへ

美容ニュース一覧へ>>>>

  • 333人の女性に聞きました
  • Be Choice ビーチョイス

みんなの声