• ホーム
  • ニュース
  • エリアウエディングサミット事務局 エリアウエディングサミット2019、ウエディングシンポジウム2019を開催

美容ニュース

バックナンバーへ>>

エリアウエディングサミット事務局 エリアウエディングサミット2019、ウエディングシンポジウム2019を開催

2019/07/31更新

  • 業界の現況について説明する中村卓事務局長
    ▲業界の現況について説明する中村卓事務局長

エリアウエディングサミット事務局(中村卓事務局長)は7月30日、東京都港区の第一ホテル東京において、エリアウエディングサミット2019、並びにウエディングシンポジウム2019「これからの日本のウエディング」を開催した。業界関係者らが全国から多数参加し、これからの課題を共有し業界発展のために活発な意見交換が行われた。
 エリアウエディングサミットでは、各地域から参加した25のウエディング団体がブースを設け、自己紹介を含めた活動報告、交流会が行われた。続いて、ウエディングシンポジウム2019へと移り、テーマに「新時代のウエディングの可能性」を掲げ、パネルディスカッションが行われた。パネリストに、『ゼクシィ』㈱リクルートの早川陽子さん、『Hanayume』㈱エイチームブライズの大崎恵理子さん、『みんなのウエディング』㈱みんなのウエディングの春日啓一さん、『マイナビウエディング』㈱マイナビの西達矢さんが集まり、中村事務局長がコーディネーターとして意見交換が行われた。業界の厳しい現状、特に若い人の結婚式離れ、ダンピング合戦などの問題が挙げられ、どう対処しているかや、今後の具体的な対応策についてさまざまな意見が交わされ、さまざまな課題も浮きぼりとなったが、最後に中村事務局長が「業界が顧客に対して、結婚したくなる・式を挙げたくなる環境を整えながら、婚活活動も同時に行うことが望ましい。ウエディングは文化であり、地域に根付いたウエディングは残していくように応援していきたい」と結んだ。

▲ページトップへ

美容ニュース一覧へ>>>>

  • 333人の女性に聞きました
  • Be Choice ビーチョイス

みんなの声