• ホーム
  • ニュース
  • 国際文化着付技術選手権実行委員会 第16回国際文化着付技術選手権を開催

美容ニュース

バックナンバーへ>>

国際文化着付技術選手権実行委員会 第16回国際文化着付技術選手権を開催

2019/10/08更新

  • 振袖着付部門優勝/小野まりな
    ▲振袖着付部門優勝/小野まりな
  • 留袖着付部門優勝/田中はつえ
    ▲留袖着付部門優勝/田中はつえ
  • 留袖着付部門百日草賞/廿楽和代
    ▲留袖着付部門百日草賞/廿楽和代

国際文化着付技術選手権実行委員会(荘司礼子実行委員長)は10月8日、東京都国分寺市の国際文化理容美容専門学校において、第16回国際文化着付技術選手権を開催した。後援は、学校法人国際文化学園(平野徹理事長)。昨年まで「武市昌子杯」を冠して行われていたが、令和元年より名称を「国際文化」と変更し新たに開催された。
 はじめに、荘司実行委員長が「2020年東京オリンピックではたくさんの外国の方が来日する。その、おもてなしの1つが着物である。今日は、緊張を捨てて、自分の着付をし、大いに楽しんでよい仕事をしてください」と出場選手を激励した。
 今年は、振袖着付部門52名、留袖着付部門に50名の選手がエントリーし、これまで同様、「可能な限り等しい条件のもと、実際の現場で通用する技術を競う」というコンセプトのもと、たくさんの観客が見守る中、熱戦が繰り広げられた。競技終了後には、荘司礼子実行委員長他、衣紋者、御方様総勢18名によるエキシビション「衣紋道東京道場 十二単お服上げ」が、おごそかな雰囲気の中で行われた。また、選手権とともに「きものセミナー」や、着付美容用品の展示販売も行われ、会場は終日賑わった。        
上位入賞者は以下の通り
【振袖着付部門】
優勝/小野まりな(国際文化理容美容専門学校渋谷校)      2位/山瀬万紀子(㈱恵秀会) 3位/田中真里菜(国際文化理容美容専門学校渋谷校)
敢闘賞/西牧瑞希(国際文化理容美容専門学校国分寺校)、武田迪子(ZA/ZA)、高橋麻実子(SPROUT)、石川優奈(学校法人国際文化学園)、寺井七海(国際文化理容美容専門学校国分寺校)
【留袖着付部門】
優勝/田中はつえ◎
2位/田場直美 3位/村松裕美子(柴田きもの教室)
敢闘賞/小泉公美、仲川泉(㈱恵秀会)、鶴岡淳子(㈱)恵秀会)、大室宏夢、東條靖子
百日草賞/廿楽和代(㈱恵秀会)

▲ページトップへ

美容ニュース一覧へ>>>>

  • 333人の女性に聞きました
  • Be Choice ビーチョイス

みんなの声