• ホーム
  • ニュース
  • 全国理容生活衛生同業組合連合会 髪すっきりGO TO BarBerキャンペーン 2020年秋のヘアスタイルを発表

美容ニュース

バックナンバーへ>>

全国理容生活衛生同業組合連合会 髪すっきりGO TO BarBerキャンペーン 2020年秋のヘアスタイルを発表

2020/09/01更新

  • 前列左から)飯野暁環境省水・大気環境局水環境課海洋プラスチック汚染対策室室長補佐、大森利夫全理連理事長、山口利光文化広報委員長、(後列左)最優秀賞(団体)京都府組合の木村有貴さ
    ▲前列左から)飯野暁環境省水・大気環境局水環境課海洋プラスチック汚染対策室室長補佐、大森利夫全理連理事長、山口利光文化広報委員長、(後列左)最優秀賞(団体)京都府組合の木村有貴さ
  • 梅本崇司さん
    ▲梅本崇司さん
  • 京都府組合・木村有貴さん
    ▲京都府組合・木村有貴さん

 全国理容生活衛生同業組合連合会(全理連/大森利夫理事長、45,000店加盟)は9月1日、東京都渋谷区の全理連ビルにおいて、「髪すっきり GO TO バーバーキャンペーン」の記者発表会を開いた。
 これは、コロナ禍であっても髪をすっきり切ってオシャレになり、明るい気分で楽しく生活を送ってもらいたいと、地域に根ざした理容業が、社会の中で果たすべき役割として進めていくと発表したもの。
 同キャンペーンは、「オシャレな2020年秋のヘアスタイル」を募集し、上位入賞作品を発表、普及をはかることと、有害廃棄物の貿易を制限するバーゼル条約(有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約)に基づき、リサイクルに適さないプラスチックの代替品へ切り替えている全理連の取り組み(脱プラスチック)を訴えた。
 はじめに、大森理事長が「脱プラスチックの活動を、理美容の国際組織OMC(世界理容美容機構)を通し世界に発信しており、OMCより表彰を受けた。withコロナでの営業、事業活動をどう展開していくか、オシャレなヘアスタイルの提案と脱プラスチックの活動を推進していきたい」と、環境省海洋プラスチック汚染対策室の飯野暁室長補佐が「地球温暖化対策や脱プラスチックへ向けた取り組みなど、国が推進している環境保全に積極的に取り組まれていることに感謝している」とあいさつ。続いて、「オシャレな2020年秋のヘアスタイル」の上位入賞作品を発表、その作品でポスターを作成し紹介した。最優秀賞を受賞した個人の梅本崇司さん(和歌山県)と団体部の京都府組合の木村有貴さんによる作品のデモンストレーションが行われ、ポイントを解説した。また、「脱プラスチック」に取り組む理美容関係商社の商品も展示された。
【2020年秋のヘアスタイル入賞者】
最優秀賞・個人/梅本崇司(和歌山県)、最優秀賞・団体/京都府組合
優秀賞/田山準一(茨城県)、川合シュウト(大阪府)、古賀充史(佐賀県)
審査員特別賞/中野誠士(福島県)

▲ページトップへ

美容ニュース一覧へ>>>>

  • 333人の女性に聞きました
  • Be Choice ビーチョイス

みんなの声