• ホーム
  • ニュース
  • 東京都美容生活衛生同業組合 「新しい生活様式に対応した美容室」特設サイトを公開

美容ニュース

バックナンバーへ>>

東京都美容生活衛生同業組合 「新しい生活様式に対応した美容室」特設サイトを公開

2020/09/09更新

 東京都美容生活衛生同業組合(BA東京/金内光信理事長)は9月9日、「新しい生活様式に対応した美容室」特設サイトを公開した。
 同サイトは、BA東京が加入サロンを対象として、独自に実施している「新しい生活様式に対応した美容室」衛生管理講習(自主学習※1)を修了したサロンのリストを掲載するとともに、サロンができる感染防止対策や、サロンが受けられる給付金・助成金・融資など、特別措置や融資制度などをまとめている。
 以下、抜粋。
【新型コロナウイルスへの対策に取り組む都内サロンの、見える化の強化】
 美容業においては、5月29日に全日本美容業生活衛生同業組合連合会が「美容業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を発表し、本ガイドラインを指針の一つとして各サロンが感染対策に取り組んでいます。
 また、都内では東京都が実施する「感染防止徹底宣言ステッカー」の取得が水晶されており、多くの美容室が取得し、店頭に張り出しています。これらを踏まえ、この度、BA東京では、コロナ対策を行うサロンの見える化の促進を目的として、「新しい生活様式」対応サロンステッカーの発行を開始。同ステッカーは「新しい生活様式に対応した美容室」衛生管理講習(自主学習)を修了したサロンに配布されます。
【公衆衛生業としての美容業】
 美容師法の元になった理容師法が制定されたのは1947年。その制定の背景には、戦後の日本では伝染病が蔓延しており、公衆衛生の向上が求められていたことがあります。それから70年以上が経過した現在、新型コロナウイルスが感染拡大し、お客様がサロンを選ぶ際の指針に「衛生管理」という項目が大きく入ってくるようになりました。理美容業の根本にある衛生管理について、各サロンが自覚を持ち、改めて学ぶことが必要とされてきています。
【ステッカー取得サロンはサイト上にリストで掲載】
 「新しい生活様式」対応サロンステッカーは、BA東京本部から送付される衛生管理講習マニュアルに沿って、「美容業における新型コロナウイルス感染拡大委予防ガイドライン」の内容を自主学習にて学び、さらに、実際に美容室で対策を1週間実施してはじめて発行されるもので、新型コロナウイルス対策に特化し、かつサロンでの感染予防を徹底強化した内容となっています。
 ステッカーを取得したサロンはHP上に掲載され、一般消費者が検索し、最寄りのサロンを調べることも可能です。
https://measure.beauty-city.com/salonsearch

▲ページトップへ

美容ニュース一覧へ>>>>

  • 333人の女性に聞きました
  • Be Choice ビーチョイス

みんなの声