BeCore ビーコア

全国の最新美容情報が集まる
ポータルサイト

ニュース

更新

日本全身美容協会開催 創立40周年記念大会を開催

松本正毅理事長に花束を贈呈
松本正毅理事長に花束を贈呈

 一般社団法人 日本全身美容協会(松本正毅理事長)は創立40周年の節目を迎え、その記念大会「TOTAL BEAUTY REVOLUTION2018〜心と身体のハーモニー〜」を11月15日、東京都目黒区のホテル雅叙園東京で開催した。同協会は、全身美容(エステティック)サロンの社会的地位の確立とより安定したサロン運営を築くため、各サロンの経営者が集り協議し、より良い環境事業環境をつくり前進美容業を明るいものとするために1978年2月に任意団体として発足し、現在まで各種活動を行ってきたもの。
 冒頭、松本理事長が招待者、関係者に謝辞を述べ、理事長にミスインターナショナル代表選手から大きな花束と、大きな拍手が贈られた。
 次いで、第1部プレミアム講演会「エステティックの未来に向けて」に移り、はじめに松本理事長が「エステティックの歴史を紐解き未来へ」と題し、1970年代エステティック業の始まりの頃のこと、サロンの賠償制度をつくったこと、労働省にエステティシャンという職業を申請し認可されたことなど、エステティック業界の歴史を紐解く基調講演を行った。そして、今後のエステティックにおいて「クレームを出さないサロンを目指し、機械を安全に使って施術し、手に“真心”のある技術者を育てたい。素晴らしい仕事と誇れる業界にしていきたい」と結んだ。
 続いて、㈱リクルートライフスタイル ホットペッパ−ビューティーアカデミー アカデミー長・千葉智之さんによる「エステティックサロンが生き残るための“強み”(サロン経営)の作り方」や、日本エステティック協会名誉本部講師等などを務める藤井峯子さんは「エステティシャンに伝えたいこと。求められるプロ意識と未来像」と題し、プロとして必要な心構えと技術についての講演が行われた。また、特別ゲストで松本理事長の友人、高野山真言宗護国山金胎寺住職・日本タラソテラピー研究所所長の志村彗雲さんが「エステティックの心を磨き、そして未来に繋ぐ」と題する講演で、エステティシャンは、いざという時のために救急方法を学ぶべき、と訴えた。
 第2部の祝賀会は、会員・関係者らがエステティック業の未来を語らい、交流を深めた。

美容ニュース一覧へ