コンテンツ

アップスタイル上達のポイントはココ!

2009/11/20更新

 夏の浴衣、年末年始のパーテイーシーズン、それに成人式……アップスタイル(まとめ髪)には需要が高まるシーズンがあります。ロングヘアをまとめる技術を身に付ければ、お客さまに提案できるヘアデザインの幅も大幅に広がることでしょう。カットに定評がある美容室も積極的にアップをメニューに取り入れたり、アップの技術を競うコンテストも盛んに行われています。アップは苦手というキミ! 一見、複雑に思える技術も実はポイントを押さえれば決して難しいことではありません。

 では、アップスタイル上達には何が大切なのでしょうか? 東京、千葉にVISAGE、hearty、naitreのブランド(計21店舗)を展開し、アップの講習に全国を飛び回っているVISAGE CREATIONの森園武志さんに、アップスタイルをマスターする上で、ズバリ何が一番大切かを聞いてみました。

「結ぶ、ピンで止める、美しい面を作るなどなど、アップに必要な基礎技術はどれも大切なものです。しかし、それにとらわれていると長続きはしません。一番大切なことは興味を持ってたくさんのスタイルを作ること、そしてひとつのお気に入りのデザインができたら、同じデザインを違う長さ、毛質で作ってみることです。また、ロングばかりではなく、ショート、ミディアム、でその形に近づけることができれば、確実に上達するはずです。とにかくアップスタイルを作ることが楽しく感じられるようになることが一番です」

 また、サロンでアップスタイルを提案するときの注意点についても、こう語ってくれました。

「鏡の前のデザインで終わってしまうのではなく、お客さまが美容室から出た後、出先でスタイルが崩れてしまわないかどうか、実用性を考えた持ちの良さを考えること。上手に作ることだけに専念していると、意外と見落としやすい部分だと思います」

 こうした点をマスターすれば、お客さまに提案できるアップができるはずです。まずは迷わず行動しましょう!

▲ページトップへ

コンテンツ一覧へ>>

みんなの声