コンテンツ

美容師免許と教育の実情を考えてみよう
国家試験合格請負人が語る、業界のさまざま課題

増える受講者たち、世代に合わせた新しい教育を

 国家試験に完全合格するためのコースを設置して、100%の美容師免許取得をテーマに掲げた "美容業界活性化を目的にしたプロのための〈プロ養成の学校〉" OACS(オークス/東京・池袋)。美容師になっても技術の壁に悩んでいる人のための指導を行っています。このサイトでも2度にわたり、同校のテーマと受講生のコメントを紹介してきました。

 「おかげさまで学生は増えて今期の受講者は60名、来期は100名近くなるかもしれません。最近、変わってきたと感じているのは、いままでは募集の締め切りが近づいて駆け込みで応募してくる人が多かったのですが、今回は春からの開講にもかかわらず、年明けのうちから問い合わせがあったことです。今、来ている受講者に関していえば、7割がすでにサロンに勤務している人たちなんです。免許が必要な仕事をさせてもらえないまま、勤務しているか、あるいは無免許でサロンに立っているということです」と語るのはオークスの織田裕市代表。

 オークスはPRをしているわけではありません。主に受講者がオークスの存在に気づくのはインターネットでの検索。美容室や団体に呼びかける活動も行っていますから、勤め先の代表からの勧めで受講する人もいますが、「うちに無免許のスタッフはいない」という返答が多くを占めるといいます。しかし、新規の受講者は確実に増えています。また活動の一貫として行って国家試験会場付近でのミニチラシ(写真)の配布も行っており、この効果も大きいそうです。

 「オークスを訪れる人の中にはクシャクシャになったチラシを持ってくる人もいます。自分が国家試験に落ちるとは思っていなかったので、とくに大切に保存していたわけではないのでしょう。落ちてはじめてチラシの存在に気づいてうちを訪れるのです」

 オークスの講義は受講者のことを考えた国家試験合格のための実技、学科教育の徹底講習。講習とは別に、夜遅い時間に受講生からの質問メールにも答えています。カリキュラムも試験の内容にあわせて更新していますが、さらに、今の若い人たちにあわせた新しい教育方法も随時取り入れています。そのひとつがホームページに掲載されている国家試験の例題集。このコンテンツは過去に出題された試験問題を掲載。365日、24時間時間が空いているときに挑戦できるというもの。出題された問題に答えて採点もされるので自分の弱点も把握できます。パソコンに限らず、iPhoneやiPad、スマートフォンはもちろん、PSPの通信機能にも対応しているため、ゲーム感覚で学習できます。

 「あるテレビ番組で、外国語を講師から学ぶのと、ゲーム機で学ぶのとどちらが、良く学べるかを比較したものがありました。復習や自主的な学習はいくら意欲があっても、常に講師が教えてあげられるわけではありません。しかし、今の若い人たちはすでに家庭にパソコンやゲーム機がある時代を育っていますから、自分で学習するのにもゲーム感覚でできた方が良く覚え、なじんでいるツールだけに興味も持って学習できるのです。まして、携帯端末がめざましく普及している今ですから、気になったとき、いつでも学習できます。アクセスの状況を見ても、休日はもちろん年末年始などにもみんなが勉強しているのがわかります。それだけみんな真剣に考えているのです。そのためには教育の方法も新しい方法を模索して取り入れていかなければいけないということですね」

 受講生をバックアップしているのは教育法だけではありません。美容学校生が国家試験に向けて用意しなければならない必需品がウィッグやハサミ。これは試験に落ちて再受験する人にとっても同じ。しかし、二度、三度と受験している人にとって大きな負担になます。そこでオークスではメーカーやディーラーをはじめとする業界各社の協力を得て、価格を出来る限り抑えたウィッグを販売。また、ハサミも国家試験の課題をマスターしやすいように調整したものを用意するなど、とにもかくにも合格するためのフォローを徹底しているのです。

オークスが示す美容業界の課題

 こうした活動を行う一方で、まだまだ美容業界には、美容師免許を取得できないまま勤務する人たちは少なくありません。オークスの認知が広まるにつれて、受講者が期を重ねるごとに増えているのがことからもそれは明らかです。なぜ、そう無免許のまま勤務する人たちが出てくるのか。それは本人たちの責任だけではないようです。織田さんは憤りを隠さずに語ります。

 「あるオークスに受講を希望する問い合わせしてきた人が急に取り止めると伝えてきたことがありました。訳を聞いてみると『サロンの代表から教えてあげるから、行く必要はないと言われた』と言うのです。どうやら毎年、サロンの代表者が教えてきたらしいいのですが、すでに数回落ちているというのです。つまりまた落ちる可能性が高い。これには深読みすると意図的なものを感じます」オークスには無免許のため、給与や待遇で苦労したという受講生がいたことは、先に掲載した記事〈美容師への道をあきらめきれない!  OACS(オークス)の受講者たちに聞くでも触れましたが、そのときの話を思わせます。またこういうこともあったといいます。

 「すでに美容室に勤めている受講者の一人に、勤め先を聞いたら、以前に声がけしたことがある美容室だったのです。本人は自分の意思でオークスを探して訪ねてきたのですが、店からはオークスの存在を何も聞かされていなかったというのです」

 そもそも国家試験さえ合格すれば、このようなことも少なくなるはずなのですが、免許がとれなかった本人だけではなく教育の質も問題だと織田代表は言います。その一つの例がオークスに異業種から問い合わせがあったことです。 「鍼灸の学校からなんです。鍼治療を頭にするには美容師免許が必要になります。そのために美容学校を卒業して免許を取得する必要があるわけですが、普通に考えれば学校のカリキュラムだけで十分なはず。にもかかわらず私たちに問い合わせがくるというのはどういうことか? はっきり言えば美容学校の教育に納得していないということです。もちろん、学校側から見れば卒業して、国家試験に合格してくれれば、美容師の職につかなくても学校の卒業生であり、実績になるわけですが…。しかも、優秀なんですよ。彼らは(苦笑)」

 国家試験、美容師免許を通して、美容業界の課題が浮き彫りになったような話です。織田さんは、こうも語っています。 「本来なら、私たちのように、国家試験を合格させる仕事が成り立ってしまうのはおかしいことなんですよ。そのはずなのに、私たちのもとに通う人たちや、問い合わせが増えている。そこに美容業界の実情と問題がハッキリ現れていると思いませんか」


国家試験チラシ

提供/OACS

国家試験完全合格~スキルアップまで指導する プロのための学校・OACS(オークス)>>

資料請求は下記まで。

OACS(オークス)
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-68-12 池袋グランディアビル 5F
TEL 03-6914-0294
http://oacs.web.fc2.com

▲ページトップへ

コンテンツ一覧へ>>

みんなの声