みんなの声 Q&A

質問

質問者
24歳
美容師
マイハサミを選ぶときのポイントを教えて下さい
 美容師を始めて3年になりますが、ようやく今夏からカットをさせてもらえることになりました。
そこで質問ですが、マイハサミの選び方について、どのようなことに気をつけて購入すればいいのかを教えて下さい。
先輩に聞いたりもしたのですが、それぞれ言う事が違うので、非常に迷っております。

回答

回答者
N・T
使用感を確かめて、自分に合ったものを見つけ出すことが大事
 本題の前にハサミの製造工程に触れた方ておきましょう。
 主な製造工程は、1・溶接(素材を加工し、ハサミの原形を作る)、2・磨き(研磨剤で磨き、滑らかさと輝きを出す)3・削り出し(表削り、静刃と動刃の調整や、刃の表面の仕上げ)4・仕上げ(刃つけをして組立、開閉の滑らかさ等とチェック)の4つです。

 どの工程に不備があっても良いハサミは誕生しませんし、こうした作業は職人による手作業のため、徹底してこだわるなら同じ使い心地のハサミに出会える可能性は皆無に等しいと言えるかもしれません。メーカーが発売している製品は均一化に重点が置かれ、大きな差を感じるほどではないですが、製造工程は基本的にかわりませんから、100%同じというわけではないのです。

 また、長い間、使ったハサミは鋏要(ねじ穴)、触点(線)の摩耗も生じているため、使い手もさまざまなら、馴染んだ感覚もさまざまなのです。これを商品として再現することは困難ということは憶えておいてください。

 ハサミの素材も重要です。ステンレス、スウェーデン鋼などをベースにコバルト、モリブデンと混入されている金属はさまざまですが、長切れを期待するならコバルト、モリブデンの割合が多いもの、使用感ならステンレス(無垢材)と短所、長所があります。また、コバルト、モリブデンの混入量が多いと衝撃に弱いということも知っておくといいでしょう。

 マイハサミを購入するなら、ミニからロングまでの好みの長さ、薬指孔、親指孔のフィット感、開閉感を自分の感覚で確かめ、一番気に入ったハサミを購入するしかありません。お気に入りに巡り会うには時間がかかるかもしれません。ですが、どんなにハサミはメンテナンスさえ怠らなければ、一生使うことができます。

 もちろん、たまには研磨に出すことも必要です。ちなみに、研磨技術は修得するのに最低10年かかるといわれている特殊技術です。お気に入りのハサミと長く付き合いたいのなら、決してご自分では研磨なさらないことをお勧めします。

アナタも疑問や悩みを質問してみませんか?

質問をする

▲ページトップへ

みんなの声 Q&A一覧へ>>

みんなの声